母と娘2人の初めて過ごす、さみしいお正月

昨年、ある日突然の、夫からの、1人になりたい発言から、気ままに帰ってきたり、帰らなかったり、家の食事を食べたり、外で食べてきたり、休日も、家にいるかとおもえば、出かけたっきり。あげくのはてには、寝室に、身体を鍛える機械を買い込み、ひきこもり。風呂とご飯以外は、でてこない。3歳と9歳の娘も、声さえかけれない。こんな生活が、もう2ケ月。義父も義母も、1人にして、自由にさせてやってと、全く話にならない。
同棲から結婚13年目の、あまりにも突然の生活の変化に、ただ戸惑いばかり。休日には、家族で出かけてきた生活から、年末のクリスマス、正月と初めて3人で、過ごすことになりました。もう、離婚も考えたほうがいいんだろうな。こんなことを考えながら、過ごす、正月は、あまりにも、さみしいです。ただ、母子家庭でやっていくには、生活力がいる。自分で、子供を守れる力をつけるために、働き始めました。今は、我慢。とにかく我慢。