ユウキに恋して、今ではユウを応援してます

2005層、スプリングベルというフォーク仲間が、ひそかにデビューしました。両方の知力あふれる男性シンガーが組んで、吉祥寺などのちっちゃなライヴハウスで歌い始めました。我々はちょっとしたきっかけで連中の歌を聞き、今や耳から離れなくなり、できる限り両方を追い掛けました。別に鈴木ユウキ氏の始める歌の世界の会話に色恋をしました。でも、いよいよ売れないとおり積み重ねるのは難しいのでしょう。仲間は解散し、ユウキ氏は目新しいバンドを組んでインディーズで活動していましたが、少しずつ恋人の会話を聞けなくなっていきました。「ユウキ氏がマンガ家でデビュー」。それぞれからあんなおしゃべりを聞いた時は耳を勘ぐりました。恋人は朝めし上ばて艶賞で入選し、「おれ陣のメロディ」という少ない連載を掲載しました。それは、恋人がMusicをやっていた頃の逸話が元になっていて、我々にとっても熱くなる定義でした。その連載が終わった後、恋人は真新しいマンガを書き始めました。それが、TVで綾野剛君主演でドラマにもなり、今も朝めしで連載が伝わる、鈴ノ木ユウ君の「コウノドリ」だ。ミュゼ 金額