せっかち女子の、幼稚園マミー当初日誌(消耗ぎみ)

4月から、ついに長女が幼稚園生命になりました。この日を仮に待ちわびたことか!?
どうしてかって???それは勿論、私の自由時間がとれる〜!!!と思ったからだ。
ところがどうでしょう。。。思っていたより、はるかに忙しくなったような。私だけでしょうか(^-^;
入園前の、2月3月は、空いた時間をどうして活用しようかと悩んだり、部分を探そうとしたり、4月からの新生活に向けて、異様にハイテンションで意欲満々だったはずなのに。

始まってみたら、午前起きていつの間にか招待の時間になっているという対応だ。
幼稚園が身近というのもあり、徒歩で送迎をやるからですかね〜。
いちお、9ケースから13ケースまではリバティーと言えばリバティーだけど、クリーニング、洗濯、ディナーの料理など考えていると、条件本当の意味での自由は2歳月ということに気づきました。
ただし、これは最低限の家族をした場合の自由時間で、普通クリーニング断ち切ることをよく決めるとか、納戸や押し入れの調節を決める製品なら、すぐ、こういう自由時間さえなくなり、枯れるどころか歳月が足りません。

そして、長女が帰ってきてからがまた短時間だ。
明日も幼稚園と思うと、短くお湯船と食事をして寝かせようと見なし、お湯船の歳月やディナーの歳月が手早くなりました。
そんなこんなで、あっという間の日々、いつまで貫くのでしょう。
紆余曲折の毎日が続きます。ドラッグストアで買える酵素ドリンク